Rapyuta Robotics

事業者概要

企業名
Rapyuta Robotics株式会社
所在地
本社:東京都江東区平野四丁目10番5号
代表者名
代表取締役 Gajan Mohanarajah
設立年
平成26年7月
資本金
1億円
従業員数
93名(令和3年1月現在)(インド子会社の従業員も含む)
事業概要
ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」の提供
協働型ピッキングアシスタントロボットソリューションの提供
連絡先
TEL:03-6228-3852
E-mail:info★rapyuta-robotics.com
(★を@に変更してメール送信してください。)
URL
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/

プロジェクト概要

プロジェクトテーマ
物流ロボットの群制御プラットフォームの開発
プロジェクトの概要
物流現場では、労働力が不足する一方、需要が急拡大しておりロボットの活用が必要である。
本事業では、
(1)多種・複数台のロボットと周辺設備との連携(群制御)機能の開発
(2)現場導入前のシミュレーションを実施する機能の開発
(3)システム導入に携わる人材(SIer等)教育環境の整備
を実施して、物流現場でのロボット導入を促進させ、労働生産性の向上を目指していく。
プロジェクト組成先の事業会社等
株式会社モノフル
事業会社等との主な連携内容
  • MONOFUL PTE. LTD.を通じた第三者割当増資による出資
  • 販路開拓における連携
    (グループ会社の日本GLP株式会社と連携し、同社のテナントの顧客に対して、Rapyuta Roboticsが開発したクラウドロボティクスプラットフォームを活用した物流オペレーションを提案)
その他のプロジェクト参加者と主な役割
  • IDECファクトリーソリューションズ株式会社
    (現場でのロボットのインテグレーションサービスの提供、ロボットの安全対策に関するノウハウの提供)
  • 株式会社安川電機
    (ソリューションの開発)
  • 株式会社チャリス
    (シミュレーション機能の開発)
  • 独・University of Kassel
    (ロボットの群制御、分散意思決定アルゴリズムの開発)
  • 米・Open Robotics
    (シミュレーション機能の開発・提供)
  • 仏・Quantstack
    (インタラクティブコンピューティング、開発支援ツールの開発・提供)
  • 米・PickNik Consulting LLC
    (ロボットアームの経路計画の開発・提供)

プロジェクトの進捗状況

評価書
第3回評価書(令和4年3月)
第2回評価書(令和3年10月)
第1回評価書(令和3年3月)
プロジェクトからのお知らせ

第34回中小企業優秀新技術・新製品賞にて「優秀賞」を受賞しました

ゴールドマン・サックスらより約64億円の資金調達を実施しました

「Japan Venture Awards 2021」にて「JVA審査委員会特別賞」を受賞しました

NEDO事業に採択されました

「2021年度蔵前ベンチャー賞」を受賞しました

「Unreal Engine4 (UE4)のROS 2プラグインrclUEの紹介」がROSCon JP 2021 Programの基調講演に採択されました

マイクロソフトコーポレーションが表彰する「2021 Microsoft Partner of the Year」Rising Azure Technologyアワードにてファイナリストに選出されました

大学発ベンチャー表彰2021「新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞(NEDO理事長賞)」を受賞しました

提供する協働型AMRロボットが日通のテレビCMに採用されました

みずほ銀行主催「Mizuho Innovation Award」を受賞しました

コンピュータービジョンを競うOpenCV Competitionで世界第二位を獲得しました

京葉流通倉庫でピッキングアシストロボ(AMR)の実稼働を開始しました

日本初、Rapyuta Roboticsとプラスオートメーション、ピッキングアシストロボットのサブスクリプションサービスを商用化:日本通運向けに提供開始